Sponsored Links

インフルエンザやノロウイルス・アデノウイルス感染症などの感染症が流行る時期となってきました。感染性腸炎・感冒などの場合、高熱による発汗や下痢や嘔吐の症状を伴います。水分を補うために、お茶やジュース・水の補給だけで対処していませんか?水・ジュースなどを飲んでいくと、尿の排出と共に、塩分も次第に排出されてしまいます。

感染症の落とし穴として、低ナトリウム性脱水になることが考えられます。けいれんや命に関わることもありますので、感染性腸炎・感冒対策に経口補水液を飲んで、塩分の補給に努めましょう。

スポーツドリンクと経口補水液の違い

スポーツドリンクは経口補水液よりもナトリウム・カリウムの濃度が低く、糖質が高くなっています。下痢や嘔吐、発熱、激しい発汗、経口摂取不足で脱水状態になりやすくなっている時や、脱水状態になってしまったときは経口補水液の方がナトリウム・カリウムの補給に適しています。

経口補水液の賞味期限はどのぐらい?

製造から9カ月前後。賞味期限は、ペットボトルの場合、キャップに、ゼリーの場合は容器裏側下部に記載されています。

Sponsored Links

高血圧、糖尿病、腎臓病等の疾患の場合

経口補水液には、ナトリウムとカリウムが比較的多く含まれています。高血圧、糖尿病、腎臓病等の疾患の方は医師に相談ください。

おわりに

経口補水液はお近くのドラッグストアーやコンビニなどで購入することができます。小さいお子様で飲みにくい方にはゼリータイプもあるようです。価格もそれほど高くありませんので、これから感染症が多くなる時期になりますので、対策として買い置きして備えておけば安心です。

飲みやすいグレープフルーツ風味ゼリータイプの経口補水液です。

Sponsored Links