気をつけたいこと

赤ちゃんの熱が下がらない時のとっておきの対処法

Sponsored Links

赤ちゃんの熱が急に出たら、びっくりしますし、心配で仕方がありませんね。特に初めての時は、どのように対処して良いか分からないことも多いはずです。

日中に熱が出ればそのまま病院へ行けるのですが、私の子どもたちの経験では熱が出るのは大体夜中、それも何故か土日に多かったように記憶しています。

そんな時でも「赤ちゃんの熱が下がらない時のとっておきの対処法」を知っていれば、新米ママにも出来ることがあるはずです。

夜間で病院にすぐにいけないときなど、少しでもお役にたてれば幸いです。

熱が下がらない原因ってなに?

赤ちゃんの平熱は大人に比べて少し高め(37.5度前後)になっています。

また環境によっても熱が上下することも多いので一時的な上昇で38度くらいまでだったら、衣服などの調節で様子を見てもいいでしょう。着せ過ぎが原因かもしれません。

赤ちゃんはママの免疫をもらって生まれてくるために、生後半年くらいまでは病気になりにくいといいます。

しかしそれ以降は、ママからもらった免疫が次第に弱まり、赤ちゃんは抵抗力の弱い状態になってしまうので、容易に感染などの影響を受けることがあるので、注意が必要になってきます。

注意をしたいのは、38度以上の熱が急に出て、下がらないときですね。下がらないということは、なにかの細菌やウィルスの感染であると考えても良いでしょう。

赤ちゃんの場合は、次のような感染症にかかることが予想されます。

風邪:かぜの原因となるウイルスの数は200種類以上ともいわれています。代表的なのが冬に猛威をふるうインフルエンザウイルス。
百日ぜき:百日咳にかかるとかかると、苦しい咳が長く続きますが、乳幼児では肺炎や脳症を併発して重症になることもあります。
尿路感染症:尿路感染症は、生後間もない赤ちゃんにも起きる病気です。特にほかの病気にかかりにくい生後6ヶ月までの赤ちゃんの発熱は尿路感染症が疑われるので、できるだけ早めに小児科へ行きましょう。
RSウィルス:発症すると呼吸器系の疾患を引き起こすウィルス。特に冬に流行し、風邪症状をもたらす一般的なウイルスです。
ヘルパンギーナ:夏の間から秋口にかけてはやる夏かぜの一種で、乳幼児に多い病気です。特徴は、急な発熱とのどの奧にできる水疱です。

発疹がある場合は

突発性発疹、麻疹、風疹、水痘、溶連菌(ようれんきん)感染症、手足口病、りんご病(伝染性紅斑)、発熱と発疹が主症状の感染症はたくさんあります。

Sponsored Links

熱の上昇と症状

通常の風邪などの場合は、ゆっくり熱が出ることも少なくありません。
しかしウィルスによる感染症の場合は機嫌が悪いなあと思ったら、急に熱が38度以上にあがって、時には40度近くに達するということも少なくありません。

赤ちゃんが熱が出る時には、泣くことが増える、機嫌が悪くなる、また元気がなくなる、手足が冷たくなる、哺乳量が落ちる、吐くなどの症状が出ます。

熱の上昇中には、熱性けいれんを起こす子供もまれにいるので、注意が必要です。

熱が出た時の対処法

熱が出た時には、室内でゆっくり過ごすことが基本です。熱が上がりきってしまうと暑くなるので、着衣は少なめにする、もしくは掛物を少なくすることが大切です。

また汗をかいたら、体が冷えてしまうので、すぐに着替えさせてあげましょう。また部屋が乾燥しているとウィルスは蔓延しがちです。

そのために適度な湿度を保って換気を心掛けましょう。

熱が出て下がらない時には、体力を消耗するので、お風呂に入らなくてもいいですが、汗をかくので、定期的に体を拭く、また下半身だけお湯をかけ流すなど清潔を保つことが大切です。

また熱が下がらないで哺乳量が落ちた時には、脱水を予防するために少ない量でもいいので、頻回にミルクを与えるようにしましょう。

熱が出た時にやってはいけないこと

赤ちゃんの場合、クーリング剤(冷えピタ)は頭部には使用しない方がいいようです。慣れない赤ちゃんは自分ではがしてしまったり、誤って口に入れてしまったら大変なので、始めから付けない方がいいかも知れません。

付けるなら、首の後ろか、凍らした保冷剤をハンカチにくるんで、赤ちゃんが寝ているときに脇や大腿部に挟んであげましょう。

脇や大腿部の付け根は太い血管がはしっているので、熱が下がらない時に行うクーリングには効果的です。

Sponsored Links

まとめ

赤ちゃんが熱が出た時は、まずママがあわてない。そして熱が下がらない場合には、掛物などで調節して様子をみます。

顔色や食欲、機嫌などの様子と体温を記録しておくと後の診断に役立ちます。どうしてもぐったりしたらクーリングをしてください。そして脱水を予防して小まめなミルクや給水。

病院にいける時間になったら診察を受けるというのが基本です。落ち着いて対応しましょうね。

また、高熱ではなく、微熱の状態が長引くような場合も、検査が必要な病気の可能性もありますので病院で診てもらいましょう。

発熱、顔色や機嫌、食欲などは言葉で伝えきれない赤ちゃんのサインです。

熟練ママでも、誰でも最初は初心者です。子供を通して少しずつ一人前のママやパパになっていきましょう!

関連記事

  1. 健康

    トランス脂肪酸を多く含む食品が健康に及ぼす影響を考える

    最近よく耳にするようになり、諸外国で健康被害が指摘されている「トランス…

  2. 気をつけたいこと

    耳がかゆい原因とは?ストレスの可能性も?

    毎年児童クラブの子どもたちを連れて川遊びに行きます。豪快に飛び…

  3. 便利な知恵

    振り込め詐欺対策!「電話撃退法」

    毎日のように新聞、ニュース、テレビにて詐欺にかからないための特集や報道…

  4. ハウツー・作り方

    歩き過ぎは逆効果?!正しいウォーキングの歩き方

    「1日10000歩以上歩けば健康・ダイエットになる」と信じている人が多…

  5. 健康

    肋骨が痛い!ひび・骨折か?!打球が肋骨に直撃!

    ソフトボールが肋骨に直撃し、それから3週間肋骨が痛くてたまりませんでし…

  6. 気をつけたいこと

    男性が悩む【追っかけ漏れ】の原因と即効の対策・【尿漏れ】トレーニングとは?

    頻尿・尿漏れなどの「尿のトラブル」は中高年になると男女ともに起こる症状…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

副業解禁に備えて趣味を仕事に生かす準備を!

水を飲むなら体のことを考えて【のむシリカ】

【東京練馬区】住宅リフォーム・住まいの困りごとなら

PAGE TOP
Translate »