Sponsored Links

「うがいはインフルエンザ予防に効果がない」とテレビでどなたかがおっしゃっていました。

昔から風邪・インフルエンザの予防は正しい手洗い・うがいからときまっていましたが、どうやら最近の定説が変わってきたようです。

今日はインフルエンザ予防に 「うがいは効果なし」って本当かどうか?うがいや手洗い、「最新のインフルエンザ予防」について考えてみたいと思います。

うがいが効果なしという理由

インフルエンザ予防としてうがいは効果がないという理由は、インフルエンザウイルスは、気道に付着すると20分ほどで細胞の中に取り込まれ、増殖をしていきます。

ですので、20分ごとにうがいをしなければいけないという非現実的な予防法になってしまうからだそうです。

このことから厚生労働省は、インフルエンザ感染予防としてうがいを勧めなくなりました。

ただ、うがいをすることでかぜ予防に関しては、効果が実証されています。インフルエンザウイルスよりかぜウイルスの方が、感染力が弱いためと言われています。

あるあるうがいの効果

厚労省に逆らうようですが、部屋中にウイルスが充満しているわけではないので、20分でなくても、例えば休み時間ごとでもうがいをすることは、十分予防対策になると思います。

それに、のどの乾燥がウイルスの増殖を招きますので、うがいをすることにより常にのどが潤った状態になります。
うがいがインフルエンザ予防に効果がないという厚労省の発表に疑問が残ります。

ある学校や自治体では、お茶のカテキンに殺菌の効果があるという理由から、お茶でうがいをするのを勧めてところもあります。

要は出回るさまざまな諸説に惑わされずに、昔ながらの知恵や風習を守って毎日意識をもって行動することが、大事なのではないかと思います。

Sponsored Links

手洗いは今も昔もウイルスの予防に効果的!

どんなに周りでインフルエンザや風邪が流行っていても、ウイルスの侵入を防ぐことさえできれば、発病しません。人の手は、細菌やウイルスの運び屋になります。

ノロウイルスなどによる食中毒、インフルエンザ、感染症腸炎、嘔吐下痢など、手を介して感染する病気や、ヘルペス、とびひなどの皮膚病を防ぐのにも正しい手洗いが有効です。

石鹸を使って、手洗いのポイントに気をつけ下記動画のように丁寧に洗浄する習慣をつけましょう。
※薬用のハンドソープは経皮毒(皮膚から侵入する有害物質)が気になるので、できるだけ使用を避けたいです。

手洗いのポイント

  • 爪の間や指の股、手首、盲点は手の甲を忘れやすいこと。
       
  • 爪の間は除去しにくいので、爪ブラシや歯ブラシの古くなったものでもOKです。
       
  • 時間をかけた1回よりも短時間でも2回手洗いの方が効果的という報告もあるそうです。
       
  • こまめにした方がいいということですね。
       

洗いすぎて油分がなくなると今度は乾燥肌になりますので、ハンドケアにも注意しましよう。

関連youtube動画を見つけました。参考にしてください!

◎お医者さんに教わった手洗いとうがいのしかた

◎パンパカパンツ てあらいうがい

私の経営している児童クラブでの指導

カラカラに乾いたのどを放置しておくよりも、うがいをすることによりのどを潤し、雑菌を外へ吐き出すことは感染防止に有効だと思います。

ですから学校から帰ってくるとどこにも触らせずに、すぐに、手洗い・うがいをさせています。

子供は油断をすると手洗いは水に濡らすだけ、口に水を入れて吐き出すだけの子供がいますので、たまのチェックは不可欠です。
うがいはのどの奥まで音が出るくらい2,3回させています。

せきやくしゃみをする時にわざわざ人に向かってする人を見かけます。人がいない方向に向かってティッシュやハンカチで押さえてするよう呼びかけています。

社会に出てからのエチケットやマナーも同時に教えて行かないといけません。おうちで保護者が教えていればその必要はないのですが、、、、。

Sponsored Links

おわりに

うがいはインフルエンザ予防に効果なしとの学者の見解もありますが、定期的に喉を潤し、更に一旦入りこんだ細菌をも外に排出することができるので、感染防止に役立つと思われます。

また、舌を動かして唾液の分泌を促しインフルエンザを撃退する「あいうべ体操」も実際の学校の現場で効果ありと言われています。

ネットやテレビなど医師・学者により、諸説が飛び交います。
いちいちブレずに昔から言われていることを守り、バイ菌やウイルスに対抗できる体づくりをこころがけていきましょう。