イラストレーターデータ入稿前のチェック方法とポイント
Sponsored Links

長年デザインの仕事をしていると、納品や印刷ミスなど何回か失敗してしまうことがあります。

ポスターやチラシなどの製作は、デザイン描画ツールソフト「adobe イラストレーター」を使用しますが、入稿方法を間違えると、 急ぎの仕事・年末年始や連休を挟む場合など、納期に間に合わない場合があります。

データ入稿のやり直しの結果、納期・締め切りに間に合わなかったりと、クライアントへの信用も失墜してしまいます。 印刷物の入稿に失敗しないためにも今一度入稿前に原稿のチェックをこころがけましょう。

今日はイラストレーターで作ったデータの入稿前のチェック方法とポイントなどを整理してみましたので参考にしてください。

データ入稿前の最終チェック方法

知ってたら回避できるDTPの基本、イラストレーターデータ入稿時の注意点を挙げてみます。

インターネット印刷・ネットプリントは枚数よりも、納期の日数により、印刷料金に違いが大きく出てきます。

時は金なり。データー作成のやり直しなどしていると、それだけ金額が高くなり、 しかも納期も遅くなり、結果クライアントに迷惑をかけることになります。

フォントデータのアウトライン化

イラストレーターの文字のフォントデータは アウトライン化しなければなりません。最終的に保存するときに、レイヤーごとにすべてを選択しフォントのアウトライン化を行います。

上書きで保存してしまうと、一旦アウトライン化した文字は差し替えができませんので、 元データはとっておきましょう。(ファイル名を工夫して)

画像、写真のリンクの確認

画像、写真が多すぎて分からなければ、すべて選択して、画像を埋め込む。 リンクのツールボックスで管理できます。

画像、写真はCMYKに変換

画像、写真はCMYKで保存しておいた方が無難です。 鮮やかなRGBモードで製作していると、出来上がった印刷物がくすんで見えるからです。

RGBで構成されるモニター画面とCMYKのインクで構成される印刷物との違いを理解しておきましょう。

Sponsored Links

データ入稿ミスの回避

名刺などどんなに小さいメディアでも一字一句間違いは禁物です。郵便番号、変わりやすい携帯の番号やメールアドレスなど、 クライアントに最終確認してGOサインを出していただきましょう。

市町村合併で郵便番号や大字・字名が変わった所も少なくありません。例えお客さんのミスでも番号違いは使い物になりません。HPなどで調べたり、携帯番号など直接電話して確認しましょう。

イラストレーターバージョンの確認

イラストレーターの高いバージョンをお持ちの方、そのままで送ると相手にはデータが開かなかったり、フィルターや画像処理が認識できない場合があります。

相手のバージョン対応に合わせて(ラスタライズなどして)、保存する時に低めのバージョンで保存しましょう。

シンプルisベスト

フィルターやレイヤーがやたら多すぎたり懲りすぎると、データが重くなります。トラブルが発生の原因にもなりますので、できるだけシンプルな作りがベストだと思います。

スナップショット・スクリーンショットの添付

入稿時に出来上がりの画像も添付すれば間違いが起きないはずです。スクリーンショットかイラストレーター上でWEB用に保存で簡単に作成できます。

PDFファイルは万能ではない

PDFファイルは専用のソフトがなくても見ることができ、大変便利ですが、バージョンなどの違いによって、レイアウトがズレる場合がありますので完璧ではありません。

完全入稿を目指すのでしたら、アウトライン化したイラストレーターファイルが望ましいですね。

※必ず項目ごとにチェックして、データ入稿しましょう。

Sponsored Links

おわりに

印刷物の失敗はデザイナーにとってたとえベテランでも命取りになります。データ入稿の失敗の原因は思い込みです。思い込みを回避するには自分の目によるチェックと第三者のチェックを行うことです。

必ず原寸に印刷してから一つ一つ赤鉛筆などでチェックしていきましょう。最後に画像の貼り付け・埋め込み、フォントのアウトラインを行います。

チェック項目表を作って塗りつぶしていくと更に確実です。慣れてきてもこの作業だけは続けていきましょう!