健康

老眼からくる目の疲れを取る方法

Sponsored Links

40歳を過ぎたころから老眼が入り、今年50歳に突入したのですが、メガネなしでは新聞も読めなくなりました。

文字が読めないと、新聞を読むのがおっくうになってきて、メガネが近くにないと読まない日が続きます。また、見えないのと同時に文字を書くのが雑になってきたような気がします。

細かい部分が見えないので、いい加減になってきます。若い頃目が良すぎた人は、老眼の進行はが早いみたいですね。

特にパソコンを一日凝視する仕事なので、目の疲れがひどくなってきたように思います。今日は目の疲れを取る方法について、まとめてみました。

文字の打ち間違い

とっさにかかってきたスマホのメールやLINEの対応がメガネなしではできないのです。メガネをかけないと特に数字の3と5、6、8、9の違いや、平仮名の濁音をよく見間違えたり、打ちまちがえます。間違い電話もしてしまいます。

買ったばかりのメガネも結構な値段だったのですが、プラスチックの縁なのでだんだん緩くなってきて、鼻は高い方ですが、すぐにズレてしまいます。次はプラスチックの縁はやめておこうと思います。

一番困るのが会議です。資料を読みながら意見を述べなくてはいけないので、そのまんま東 前宮崎県知事のように、メガネをずらした格好になってしまうのがとても残念。

1日中パソコンの仕事をした日にはもう目がクタクタ、疲れ目状態が続きます。ぐっすり睡眠をとったつもりでも翌朝、疲れが残っている感じがします。

何でも画面を凝視しすぎると、瞬きをするのを忘れて目が乾いてくる「ドライアイ」という目の病気になるとか、、、。

看板製作のために溶接をする時など一瞬火花を見てしまい、軽いやけどをおこします。目に悪いって知らない若い頃、火花を見続け夜どうし目がチカチカして寝れないこともありました。パソコンやスマホ、仕事でいかに目を酷使してきたかの結果が今頃出てきたようです。

Sponsored Links

目の疲れ・衰え⇒不安感

そんな風に長年目を酷使してきたのがいけなかったんでしょう。最近は慢性化してきて、眼精疲労が進み、目がはっきり見えず結果、仕事の意欲も削がれてしまいがちになります。

50歳という老いはこれまで考えもしない不安感を覚えるようになってきました。そこで目のケア・目の疲れ対策を調べてみました。

目の疲れ対策

1分のマッサージで目がよくなる(今野清志著)という本を買いました。目の周りの骨の部分をスプーンなどで押す、軽くたたく、マッサージして、血液の流れをよくすることで、酸素が行きわたり視力が回復するらしいのです。ツボを付属の棒でツンツン叩いています。

スマホで漢字を大きく表示して見やすくするアプリ
「漢字ビューワ」画数の多い文字やあやふやな文字を調べるときに役にたちそうです。
作者サイトURL:http://mstssk.blogspot.com/

目元エステで目のマッサージ

薬局で1000円くらいする蒸気が出るアイマスクを購入しました。寝る前につけると目元が熱くなり幾分疲れがとれましたが、電化製品はないかと探したら「目元エステ」なるものを発見しました。

価格は1万数千円、早速ネットで検索して購入しました。蒸しタオルをあてたような何とも心地のいい感じで、想像以上に目の疲れを解消してくれます。

まるで人がやさしく指先で揉んでいるようなそんな錯覚を覚えながら、油断するといつの間にか寝てしまいます。

更に安眠効果もあり、血行が良くなっているのではないでしょうか?翌日には目もとがスッキリした感じがします。

Sponsored Links

おわりに

最近スマホをほとんどの人が活用していると思いますが、若いうちから長時間使用している方は後々そのしっぺ返しが必ず来ると思います。なんでも30代で老眼にという方も出てきているようです。

「スマホ老眼」も若年層でも始まっているらしく、パソコン、スマホで目を使いすぎている方は要注意だそうです。「スマホ老眼」とはスマホやパソコンなどの画面を長時間見ることで目を酷使することにより、目のピント調整力が低下し、老眼と同じような症状になることです。

たかが、目と思っていた若い頃を反省し、その重要性が心身にまで及ぶことを知りました。パソコンやスマホのしすぎなど目の酷使を避けて、たまには目元のマッサージなど、目もとのケアをして、心身ともにリフレッシュしていきたいものです。目の疲れが取れると、精神的にも落ち着き、やる気が沸いてくるようです。

関連記事

  1. ハウツー・作り方

    ぽっこりお腹の解消方法!簡単1日1分ダイエット!

    メタボだなと感じはじめたのはお腹のお肉が横にたるんできたときのに気づい…

  2. 便利な知恵

    振り込め詐欺対策!「電話撃退法」

    毎日のように新聞、ニュース、テレビにて詐欺にかからないための特集や報道…

  3. 介護ロボット

    健康

    介護ロボットの種類や価格は?一般家庭でも買えるの?

    介護ロボットというものをご存知でしょうか?最近いろんなメディア…

  4. 気をつけたいこと

    水道の水漏れ、修理料金は誰の負担?

    冬場の凍結による水道管の破裂やうっかりして水道水の出しっぱなしは誰しも…

  5. 気をつけたいこと

    赤ちゃんの熱が下がらない時のとっておきの対処法

    赤ちゃんの熱が急に出たら、びっくりしますし、心配で仕方がありませんね。…

  6. 健康

    理想の睡眠時間と良質の眠りについて|睡眠のゴールデンタイムとは?!

    みなさんは「昨夜遅くに寝たのに、目覚めがさわやか!」だったり、「休日十…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

即金【遺品カメラ買取】写し屋

スリムな財布で毎日を軽快に!

【東京練馬区】住宅リフォーム・住まいの困りごとなら

PAGE TOP
Translate »