クリッカー
Sponsored Links

ワンちゃんの吠えに関する問題行動でお悩みのあなたへ

最近ネット広告で気になるのが、首輪やスプレーなどで犬の無駄吠えを防止するグッズのやけに多いこと。

ひょっとしてこの記事にたどり着いたあなたも、近隣住民の迷惑など、愛犬の無駄吠えで頭を悩ませ、「無駄吠えグッズ」を選びそうになっているかも知れませんね。

「無駄吠えグッズ」は一見、犬のコントロールに成功しているかのようにも思えますが、果たしてワンちゃんはそれで幸せでしょうか?
そして、飼い主もグッズに甘えてしつけ法を身に付けなくてもいいのでしょうか?

結論から言えば、当ブログでは嫌な思いをさせて「吠えを防止するグッズ」に頼らずに
「ほめて教えるしつけ法」によりワンちゃんを導き、コントロールする方法を推薦しています。

後者の方が断然ワンちゃんとの関係が深まり、言う事もよく聞いてくれるという相乗効果が生まれます。

グッズに頼らずに犬の無駄吠えなどの問題行動を止めさせることができるのか?
今回はその方法に迫ってみたいと思います。

おわりに当ブログ一押しの「犬のしつけ教材 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~」がありますが、興味がありましたら実践してみてください!
この記事によりあなたの愛犬の悩みがいくばくかでも解消できれば幸いです。

犬が吠えるのには理由がある

無駄吠え症

犬にとって、(痴ほう症や過敏症などの神経障害を除いて)無駄に吠え続けるという行動は、人間側の事情で、決して無駄ではなくそれなりの理由があるから吠え続けるのです。

吠える原因で最も多いのが、縄張りへの侵入行為に対する威嚇行為です。

侵入者は目に見える不審者以外にも、不審な物音や気配、他の動物の臭いや気配などに対して威嚇して、自分の縄張りや飼い主の家族を守るために吠えています。

元々犬のこの習性を利用して人は番犬として飼い始めたのですから、簡単に吠えを止めさせることはできません。
むしろ、侵入者に気づいたことをほめてから、適切なタイミングで制止命令を出し、これに従って鳴き止んだら、再度ほめるようにしていきます。

分離不安で吠える

依存心の強い憶病な犬が、急に一人きりににされたり、留守番の時に、不適切な場所に排泄したり、泣きわめいたり、家具を噛みちぎったりするのは、分離不安の状態です。

一人きりになった不安から、別のことで気を紛らわして、現実から逃れようとする犬の本能です。
子犬だったころのトラウマや、飼い主の溺愛や甘やかしすぎなど、日ごろの誤った接し方の積み重ねが、過度の飼い主依存症に育てます。
犬に愛情を注ぐのはいいのですが、何でも許すのではなく、常に飼い主が主導権を持つことが重要です。

恐怖で吠える

雷や打ち上げ花火、選挙カーのスピーカー音、車・バイクの来客など、大きな反響音に対して、異常におびえ、ほえるなどの過剰な反応を行います。
これも幼少期の恐怖体験がトラウマになっている場合があるので、改善にはじっくり時間をかけて少しずつトラウマをといていきます。

市販の無駄吠え防止グッズ

こうした犬の吠えに関する悩みの解消グッズとして「警告音・振動・電気」などの刺激を与える首輪やいやな臭いのするスプレーなどが開発され、残念ながら人気があるようです

しかしながら、これらのグッズによるしつけは「パニッシュメント」と言い、罰を与えるしつけ法で、犬を怖がらせたり、ストレスを与えるばかりで、飼い主との距離は一向に縮まりません。

グッズでの支配は問題行動の根本の原因解明に至っておらず、しつけが上手く行っているとは言えません。

しかるなどの嫌な刺激を与えてその行動が減るよう学習させることを陰性強化と言います。
特に電気刺激のある首輪動物虐待ともいえる危険なグッズと言えるのではないでしょうか。

とある無駄吠え防止 首輪

刺激:警告音、振動、静電気
犬の鳴き声をセンサーが感知して、警告音と低周波静電気でショックを与える
警告音:犬が不快に感じる周波数を発信
価格:1000円~2万円代まで

とある吠え防止スプレー

スペインの動物行動学者が考案
ペットに警戒心を与える。鳥類や虫、ヘビ等の攻撃的な時に出す生物の鳴き声や、炎などにも似た音を発声するスプレー。
この噴射音を聞くとペットに対し警告を与える事ができ、望ましくない行動のしつけ(トレーニング)に役立つらしい。
価格は1300円~3000円程度

日本製吠え防止スプレー

物音や来客時に吠えたら鼻先にスプレーします。繰り返す事で、吠えてはいけないと学習します。
天然成分なのでワンちゃんに害はなし。 843円

フェロモンの香りで瞬間的に興奮を鎮めて、むだ吠えを抑えるしつけ剤 876円
いずれも送料900円

ほめて教えるしつけ法

罰を与えて犬を支配する方法に対して、
ペット先進国のアメリカやイギリスでは、して欲しい行動を行った時に、ほめて教えるしつけ法が効果的とされています。

近所迷惑など鳴き声のストレスを無くすために短絡的にグッズに頼るのではなく、
時間がかかりますが、犬の行動学に基づいたしつけ法により、犬と飼い主の関係を築いていくことができます

ほめて教えるクリッカー・トレーニング

ほめて教えるしつけ法として最近普及しているのが「クリッカー・トレーニング」です。

クリッカー・トレーニングとは、カチッという音のする道具(クリッカー)を使って行う動物のトレーニング法。

してほしい行動をした瞬間にクリッカーを鳴らしてエサなどのほうびを与えることにより、クリッカーの音と行動とを関連づけさせ、その行動を自発的にするよう学習させるしつけを
陽性強化と言います。

これに対して、刺激を与える首輪など嫌な刺激を与えてその行動が減るよう学習させることは陰性強化。

元々、イルカの調教に利用されていましたが、犬にストレスを与えることなくしつけ法として日本でも取り入れているスクールも増えてきました。

このトレーニングの最大の魅力は、飼い主も犬も楽しんで訓練をすることができる点にあります。

クリッカークリッカー

リストバンド付きドッグクリッカー 7個入 – 多彩で実用的なセット
 犬や猫のトレーニングに便利で効果的 – 人間科学に基づいたデザイン – 最適な大きさと音

おわりに

ワンちゃんの吠える問題行動でお悩みのあなたへ
近隣住民の迷惑など、愛犬の無駄吠えで頭を悩ませ、「無駄吠えグッズ」を選びそうになっているかも知れませんね。

この記事を最後まで読んでいただいたあなたは
ワンちゃんを誰よりも大切に考えていると思います。

そんなあきらめないあなたに是非とも、大切なワンちゃんとの関係を上手に築いていくために、ほめて教えるしつけ術を身に付けて欲しいと願っています。
そして以前のような愛犬と家族とが仲睦まじく過ごす日常が来ることを祈念しています。

ワンちゃんとの関係を上手に築いていくのにおすすめの教材です。
「ほめて教えるしつけ術」 Inuversity(イヌバーシティ)
イヌバーシティ クリッカー

人間の言葉の意味と、”Yes!”(正解!)を教えてゆくプロセスを見せる動画になります。
これが犬とのコミュニケーションの基盤となります。

犬にとっても飼い主さんにとっても楽しく、犬の学習はどんどん進みます。

1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材
動画で学ぶイヌバーシティの【第4章-6】にクリッカー訓練の章があります。
クリッカーのやり方しつけ法が身に付きます。

内容 :【4章-6】クリッカー訓練
02:08 クリッカーの目的はコミュニケーション能力を養うこと
05:50 クリッカー訓練に必要なもの
09:45 クリッカーを使う時の注意点
12:35 実践 デモ クリッカー訓練
17:12 デモ Step1 音の条件付け
19:28 デモ Step2 行動を誘導してクリッカー
22:45 デモ Step3 言葉のコマンドの追加
24:50 デモ Step4 ハンドシグナルの除去
26:55 デモ Step5 一般化
29:09 デモ Step6 メンテナンス
30:58 クリッカー 実践動画 (ビーグル 1歳)
31:18 実践 Step1 音の条件付け
44:28 実践 Step2 行動を誘導してクリッカーで褒める
52:26 実践 Step3 言葉のコマンドの追加
57:37 実践 Step4 ハンドシグナルの除去
01:01:18 実践 Step5 一般化
01:02:17 実践 お手

長文を最後までお付き合いいただきありがとうございました!
あきらめずに愛犬との関係を築いていきましょう!

ブログ内関連記事 愛犬の問題行動にもう悩まない!一番人気しつけ教材「Inuversity(イヌバーシティ)」

Sponsored Links