Sponsored Links

先日消防の研修で日之影・高千穂に行ったばかりです。平地がほとんどなく山の中腹に民家があり、消化活動の大変さに敬服したところでした。おめでとうございます!その高千穂と椎葉山が2015年12月に世界農業遺産に登録されました。

宮崎県では初めてとなります。世界農業遺産の認定地域を決める国連食糧農業機関(FAO)の会議が15日、イタリアはローマのFAO本部で開かれ、「高千穂郷と椎葉山地域」が認定されました。

今日は今まであまり知られていない日本の世界農業遺産について詳しく調べてみようと思います。特に椎葉は父のふるさとなので、思い入れがあります。天空の城「高千穂郷と椎葉」に焼酎で乾杯をしたいと思います。

世界農業遺産とは

世界農業遺産(GIAHS: Globally Important Agricultural Heritage Systems、ジアス)とは、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり発達し、形づくられてきた農業上の土地利用、伝統的な農業とそれに関わって育まれた文化、景観、生物多様性に富んだ、世界的に重要な地域を次世代へ継承することを目的に、国連食糧農業機関(FAO)が2002年(平成14年)から開始したプログラムです。

以上農林水産省HPより引用。

世界農業遺産の必須基準は

  • 食料及び生計の保障   
  • 生物多様性及び生態系機能   
  • 知識システム及び適応技術   
  • 農文化、価値観及び社会組織   
  • 優れた景観及び土地と水資源管理の特徴   

その他の基準

  • 社会的・ 文化的 特徴   
  • 歴史的・現代的な重要性   
  • 脅威と 課題   
  • 実際的な考慮   
  • 活用・保全計画 (アクションプラン)   

などになります。様々な基準が設けられています。

Sponsored Links

今回の世界農業遺産認定地域

  • 長良川上中流域(岐阜県)人と水環境及び漁業資源、鮎を中心とした長良川の里川システム。   
  • みなべ・田辺地域(和歌山県)養分に乏しい礫質の斜面における薪炭林に生息するニホンミツバチと梅との共生
       
  • 高千穂郷・椎葉山地域(宮崎県)険しく平地が少ない山間地における森林保全管理、伝統的な焼畑農業、複合的農林業システムと神楽など特色ある伝統文化を継承。
       

本県の高千穂郷・椎葉山地域は山間地域における、環境との共生による農林業の振興と地元住民の相互による夜神楽の伝統文化の継承などの取り組みが、評価された模様です。日本国内では6例目の快挙となり、TPPによる農業政策の懸念をよそに、国内外に宮崎の農業を発信する絶好の機会となりそうです。

日本での世界農業遺産の認定地域

日本では、すでに5地域が認定されています。
s-2015y12m16d_101818620
新潟県佐渡市の「トキと暮らす郷づくり」(平成23年)
  

s-2015y12m16d_102145922
石川県能登地域の「能登の里山・里海」(平成23年)

  

s-2015y12m16d_101842721
静岡県掛川周辺地域「茶草場農法」(平成25年)

  

s-2015y12m16d_102238492
熊本県阿蘇地域「火山との共生、草原の景観の保全と循環的農業」(平成25年)

 
s-2015y12m16d_102010063
大分県国東半島宇佐地域「クヌギ林とため池群による資源循環型農林業」(平成25年)

海外の世界農業遺産の認定地域

アルジェリア「マグレブ砂漠のオアシス:100種ものナツメヤシなどを栽培する灌漑農業」、バングラデシュの「浮遊農業システム:束ねた浮草上での水耕栽培」など、世界では、13カ国31地域が認定されています。(2014年8月現在)

Sponsored Links

おわりに
GIAHSは約2年ごとに会議があり、認定されていくそうです。私の住む宮崎県県南に位置する小林市も霧島ジオパークと綾エコパークの二つの世界遺産の交差するたぐいまれな地域であり、大自然の恵みにより農林畜産業が盛んな地域となっています。

日本一の宮崎牛もここで飼育さているというすばらしい環境となっていますので、次回の世界農業遺産の候補には、ぜひ名乗りを上げていただきたいと思います。