Sponsored Links

最近舌が荒れて次第に痛くなってきて、食事や会話などに支障が出てきました。

口の中はとってもデリケートなので、ちょっとした違和感があるだけでせっかくのご馳走も台無しになります。

鏡で見てみると、舌の中央に縦に数本割れているではないですか。 見るからに荒れて痛々しい状態です。

以前もちょっと飲みすぎたり、食べ過ぎたりすると口内炎などできものができていました。

飲み会が続いたのが大方の原因だと思うのですが、今回のような舌が裂けるように痛いのは始めての症状です。

今日は「舌が荒れたり、割れて痛い原因とその対策」について書いてみたいと思います。

現在舌の状態が良くない方はどうぞ参考になさってください。

舌の痛みの原因とは

舌が痛い原因を調べてみますと、ストレス、ビタミン不足、口内炎の原因が圧倒的に多く、次いで金属の被せなどが舌に当たって起こる炎症でした。

ヘルペス性口内炎は舌先、舌の側面にできるようです。

今回の痛みは舌の中央でしたので、胃の荒れが舌に兆候として表れたのではないかと思います。その他、口の中に潰瘍のできるベーチェット病などがありました。

また、カビの一種のカンジダ菌によってできる口内炎は舌の表面に白いブツブツがたくさんあらわれますが、痛みはほとんどないようです。

ヒリヒリ・ピリピリする、ジンジンするといった症状には精神面から発症する舌痛症という疾患もありますが、痛みまでは伴いようです。

舌痛症とは、器質的な変化が認められないにもかかわらず、舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気。女性に多いが、歯科治療後に発症することが多い。

舌に病変が認められないだけでなく、痛む部位が移動する、食事中は痛みが緩和されるなどの特徴から、「気のせい」にされることが少なくなく、適切な診断と治療がされていないケースが非常に多い。

最も有効な治療法は抗うつ薬を中心とした薬物療法である。不眠や不安を伴う場合は、睡眠導入薬や抗不安薬を併用する。漢方薬では柴胡加竜骨牡蛎湯の処方が奏功することもある

私の舌に亀裂が入った原因は、年末年始の慌ただしさから来るストレス、あるいは 忘年会・クリスマスに行った過度の暴飲暴食も心当たりがあります。いずれにしても食生活の乱れに間違いないようです。

Sponsored Links

舌の痛みは健康のバロメータ

舌の表情で健康状態が分かる

舌の痛みは異変を知らせてくれるサインで、「暴飲暴食をやめて、健全な食生活をしなさい」「これ以上続けると、他の臓器をやられるよ」と危険信号を出しています。

  • 舌の側面でしたら、被せものを歯医者で直してもらうのが良いでしょう。    
  • 舌は薄いピンク色にうっすらと白いものがかかっているのが通常の状態です。 
  • 舌苔(ぜったい)は健康のバロメーター!    

舌苔を無理に歯ブラシなどでゴシゴシこすらないこと。

どうしても口臭などが気になるようでしたら、耳鼻咽喉科に診てもらうようにしましょう。

舌の荒れと痛みの対処法

私の通常の舌の荒れと痛みの対処法ですが、ビタミンのB群とビタミンCの摂取ということで、薬局でチョコラBBを購入して飲みます。

また、口の中は様々な細菌が侵入してきます。肝心なのは口の中を清潔に保つことのようです。

細菌の繁殖を防ぐためには、毎食後に3分間ほど丁寧な歯磨きをして、口の中を清潔に保ちます。市販のうがい薬を使用するのもいいでしょう。

Sponsored Links

舌の痛みのまとめ

今日は「舌が荒れたり、割れて痛い原因とその対策」についてまとめてみました。

暴飲暴食により、その分消化・解毒にエネルギーを費やすので胃腸と肝臓が疲れてしまうのが最大の原因になります。

舌や唇に痛みを感じたら、早めにチョコラBBなどのビタミン剤を飲むようにして、そして飲食を控えめにします。

わたしの場合、大概がこの二つの対処法で治ってしまいます。

どうしても我慢ができないようでしたら、 口腔外科・耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

最高のコンディションを目指すためにもストレスをため込まないようにし、規則正しい食生活を送ることを心がけていきましょう。

そして舌の痛みや荒れなど、からだの異変を見逃さないようにチェックすることも忘れずに!