地域の課題

消防団ラッパ練習中!県大会に出るぞ!

Sponsored Links

ゴールデンウィークも終わり、消防団の熱い操法大会の練習が始まりました。これから、2ヶ月半近く家族も顧みず、ひたすら操法の練習に明け暮れる「大人の部活」に突入します。一番の目的は大会で優勝することですが、勝負は時の運もあります。

消防団の本来の目的は団員の結束力を図り、操法を通して、頭ではなく体に覚え込ませ、有事の際に、市民の生命と財産を守るために的確に動けるようになるのが、究極の目的になると思います。

消防ラッパ隊

普段は分団・部に分かれて、訓練を行っていますが、団の士気を高めるために消防ラッパ隊にも所属しております。

3月に県の消防大会があり、個人団体の表彰の後に県内各地の消防団ラッパ隊の演奏がありました。私たちの市のラッパ隊は、まだできて4年くらいで、まだ大会には一度も出ていません。来年初めて県大会に出るために、日々消防団ラッパ練習を重ねています。

ラッパ隊が出来るまでの道のり

ラッパ隊が出来るまでの道のりは長く、どちらかと言うと、平坦ではなかったです。

県内でも大きい市にも関わらず消防団開設以来、半世紀近くラッパ隊が存在していませんでしたので、有志を募り、ようやくラッパ隊の頭数だけが揃いました。

ところが、予算が降りずに最初の半年はプラスチックのマウスピースのみの練習。それから半年後金属のマウスピースが渡り、1年間が経っていました。よく誰も辞めなかったと思います。
ちなみにオブザーバーの幹部の方々はほとんどがいなくなりました。

1年後ようやく巻ラッパが支給されましたが、その頃になると練習に参加人数もまばらでなかなか全員が揃うというのはありませんでした。

幹部や団員の中にはアンチラッパ隊も少なくなく、どちらかと言うと馬鹿にするかのような発言も受けたりしましたが、私たちはラッパの練習だけではなく、操法や器具点検、もちろん火事・捜索の出動もしていたので、自信と誇りを持っていました。

懇親会なども定期的に行い、夏期点検、祭りのパレード、出初式、成人式、ようやくラッパ隊として認識されるようになってきました。気が付けば4年の月日が経っていました。

ラッパ楽譜1

県大会に向けての練習

曲目は課題曲の「祖国」栄誉礼と自由曲の2曲です。消防大会のラッパ吹奏は自分が部長の時と合わせて2回拝見しましたが、そのレベルの高さに改めて、感動と自分たちもまだまだ練習しないといけないという、反省を覚えました。

普段の出初式などのラッパでさえ、緊張すると、音が濁ったり、違う音が出てしまったりします。県大会会場の満員の人が見ている前ではかなりの練習を積まないと、いい音は出ないように感じました。

週に2回の練習している隊もあるとアナウンスしていましたが、うちの月2回では雲泥の差ですね。練習時間の確保と効率化を考えないといけませんね。

講評では「遠くへ伝えるという信号ラッパの本来の使命」と「指揮者の勉強不足」という二つの課題をいただき、向上の余地があることが伝えられました。奥が深いんですね。めまいがします。

大きな団のラッパ隊は楽団化していて、専属の音楽隊みたいになっているそうですが、うちの消防団は操法大会にむけての訓練や、もちらん有事の火事や行方不明者の捜索にも出ないといけません。

Sponsored Links

今後のラッパ隊としての取り組み・課題

来年3月の消防県大会に向けて、講師の先生を呼んだり、とにかく人前で堂々と吹けるように日々ラッパの練習を重ねるしかないようです。

月に2回それも、1時間ほどの練習では足りないようです。きちんと練習メニュー表を作り、練習日以外も自主的にしていかないと、人前での演奏はおこがましいようです。

できれば、吹奏後に市内で打ち上げをして、普段の慰労ができたらと会計の私は勝手に思っています。操法の練習と、ラッパの練習共に忙しくなりますが、どちらも悔いのないように頑張っていこうと思います。

最後に家族から見放されないように、家族サービスも忘れずに考えていかないといけません。

Sponsored Links

愛用の消防ラッパです。
s-消防ラッパ

今年は年始に成人式にてラッパで激励、消防団への勧誘を行いました。小林秋まつりのパレードでは消防団の先頭を切って行進曲を吹奏しました。

県大会まであと3ヶ月と迫って参りましたので、気合を入れて練習に励んで行こうと思います。数分、数十分のわずかな時間でも、日々の練習を重ねることが重要かと思います。

こちらは、我が県で最も優秀な宮崎市 消防団 ラッパ隊のふれあいコンサートの動画です。こうなってくるともうコンサートになります。すべてピストンなしの巻ラッパによる演奏です。
宮崎市 消防団 ラッパ隊 2010

PS.

2016年、3月一人インフルエンザで欠場でしたが、大観衆の前で11人無事演奏を終えることができました。さすがに緊張して、普段より音が出てないようでしたが、見事に初出場を飾ることができました。

熱心に指導していただいた音楽の先生と今までご支援をいただいた団長に感謝いたします。長年地味に練習を重ねてきた仲間、急遽大太鼓と小太鼓、指揮に加わっていただいた女性消防団のみなさん、お疲れ様でした。

残念ながら、入賞はできませんでしたが、次回までに信号ラッパの真髄を意識して、日々練習に励んでいきましょう。

関連記事

  1. 地域の課題

    消防団とは?役割と活動をまとめてみた。

    少子化とともに消防団員の減少、担い手不足が私の市でも問題となっています…

  2. 地域の課題

    公民館と自治公民館・自治会の違いと期待される展望

    毎日様々な講座が開催され、市民の生きがいづくりの場所となっている中央公…

  3. 挑戦中

    クラシックギターの弾き方 練習は修行?!

    40過ぎまで全くの無趣味。パチンコも麻雀、田舎に住んでいるのに釣りもし…

  4. デザイン

    手描き イラストの描き方~ポスター製作まで

    今年2月に市民劇団で公演した「塩の道」ソルトロードが好評でしたので、新…

  5. ハウツー・作り方

    疲れやすい原因は食事!?解消する裏技2つを体験レビュー

    50代の私管理人は来る日も来る日も、朝起きるのがとてもしんどく、疲れや…

  6. スピーチ 緊張

    ハウツー・作り方

    人前で話す時の緊張を克服|メンタル面の鍛え方

    管理人もそうですが、あがり症など人前に出ると極端な緊張でお困りの皆さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

副業解禁に備えて趣味を仕事に生かす準備を!

水を飲むなら体のことを考えて【のむシリカ】

【東京練馬区】住宅リフォーム・住まいの困りごとなら

PAGE TOP
Translate »