社会人に文章力が求められる理由?

コロナ以降、ますます厳しくなる社会を生き抜くためには、
ネットを利用したメール・ステップメールやZOOMでのやり取りが必須となってきました。

逆にどんなに対面の印象が良くても、文章が稚拙であったり、言い回しや引用句を間違えたりすると
途端に品格や知性が疑われがちになってしまいます。

書き言葉と話し言葉にかかわらず、すべての社会生活・ビジネスの基本は文章の読解力と構成力にあると言っても過言ではありません。

文章力がない原因とは?

普段何気なく書いてしまったり、友人の文章で「あれ?」と首をかしげるような次のような文章に出会ったことがあるはずです。
① 一文が長すぎる
自分の言いたいことではなく、相手が理解しやすい言葉で端的に伝えます。
② 主語と述語が一致していない
これも一文が長い時に陥りがちです。
③ 言いたいことを詰め込み過ぎ
あれもこれも一文に詰め込みすぎると、結局どれも伝わらなくなります。
④ 読み手不在(意識していない)
①と同じで一番の目的は相手に理解してもらうこと。
⑤「こそあど言葉」が多すぎる
これ・それ・あれ・どれ、読み手は何のことかわからず前文を読み返さないといけません。
⑥ 論理破たんを起こしている
言いたいことの結論とその根拠のつじつまが合わないのは説得力がありません。

いかがですが?文章あるあるではないでしょうか?
何となく使っている文章も意識して見直してみると、改善点が見えてくると思います。

文章力が身につくと

文章力が身に付くと、次のようなことが容易にできるようになります。

・自分の考えをまとめられる。
・仕事を効率的に行えるようになる。
・コミュニケーションがスムーズになる。
・論理的な思考力が鍛えられる。
・人を動かすことができる。

つまり人に自分の考えをうまく説明できるようになると、おのずと信頼が生まれ、人の上に立つ人間になっていくのです。
思っていること、考えていることがあっても、それを発表することができなければ、残念ながら人は認めてくれません。

社会人必須の文章力を最速で鍛える「文章力トレーニング講座」

✓ 自分の思っていることを文章で人に伝えたい
✓ 顧客に伝わるプレゼンを作り、成績を伸ばしたい
✓ わかりやすいプレゼンを発表したい
✓ テンプレートにあてはめただけのメールから卒業したい
など、

テレワークが増える中、企画書、議事録、メールの書き方など、
文章を書く機会がめっきり増えたのではないでしょうか。

「文章力」を鍛えようにも、今さら「文章の書き方講座・教室」に通う時間もない
また、「膨大な参考書の中から探し出すのも大変だ・難しい」

などと考えているあなたに
現在文章塾の講座を展開している元スポーツ新聞記者が開発した
文章力トレーニング【らくらく文章術講座】をぜひ一度チェック
してみてはいかがですか?

わかりやすい文章を書くための「文章の書き方のコツ」が満載の講座は
オンライン講座と実際の社会人講座・小・中学生講座などの学生向け講座を展開していますが
いずれの講座も大人気で多くの老若男女の方々が学ばれ、結果を出されています。

社会人向け講座も開き指導者数2000人以上にのぼります

文章力は「生涯役に立つスキル」。
大人のあなたでも決して遅くはなく、
むしろやる気がみなぎっている今がチャンスです。

文章術を身に付ければ、今後のあなたの人生のターニングポイントとなり、
あらゆる機会やビジネスに応用が利く万能のスキルとなるでしょう。

\ 今すぐ詳細を見たい方はこちら /
↓↓↓
らくらく文章術ドリル 作文教材

らくらく文章術ドリルとは

らくらく文章術ドリルは名前こそ、小・中学生向けの参考書のような響きですが、実際は大学の入試・卒業論文はもちろん、
社会人のためのエントリーシートの書き方、企画書、議事録、メールの書き方など、
文章の基礎スキルを鍛えるのに最適のトレーニング講座となっています。

講座の内容:レベルが選べる上に、家族ぐるみで取り組めます

【らくらく文章術ドリル】は一つの教材ではなく、入門から初級・中級・上級と理解度によって更に上のコースが選べます。

あなただけでなく、ご家族のだれでも何人でやっても同じ料金です。
家族ぐるみで文章上達に取り組む家庭教育としても最適です。

あなたが文章力の基本を身に付けた後は
今度はお子さんの文章の指導もできるようになるので
仕事も家庭サービスも相乗効果を発揮できます。

講師・開発者:眞野玲子先生のプロフィール

大事なのは「誰からどんな方法で教わるのか?」ではないでしょうか?
当然実績がある先生、教え方を熟知している先生に教わるのが上達の一番のポイントです。

眞野玲子先生

1989年 早稲田大学に小論文入試で合格
1993年 早稲田大学人間科学部(現スポーツ科学部)卒業
株式会社ベースボール・マガジン社に入社。
第一編集部 週刊ベースボール編集部に配属。日本ハムファイターズ担当、社内新人賞受賞。
元監督・故大沢啓二氏など主力選手インタビュー多数。インタビュー、原稿作成、編集など。
1996年より、中日ドラゴンズも担当
元監督・故星野仙一氏や主力選手などのインタビュー、写真撮影など。高校野球チーム、大学野球チームなども取材。
週刊誌のため取材数がかなり多くスピードも要求されるため、4年半ながらライティングのノウハウを学ぶ。

1997年
結婚を機に同社を退職。ライター活動始める。NHK出版きょうの健康、季刊ベースボールなど。
~中略~
2014年
大手進学塾を退職。作文指導を本格的にスタート。自らの授業コンセプトや、お子さんがなぜ書けないのか、書けない場合にどうしたらいいのか、など追求した結果、「書けないこと」でお子様もお母さんも困っていることを解消できるという考えに至る。

五反野駅前教室を開講。セブンカルチャー綾瀬校、南千住教室、定期講座を開講。
小学生の作文指導を中心とした「あおぞら作文教室」に加えて、考える力を身に着ける高学年向け「思考力クラス」、「適性検査対策クラス」、都立高校の推薦入試合格を目指す「中学生クラス」などを開講、現在に至る。 出典:公式サイトより

先生

作文教室で子供たちに指導中の眞野先生

【らくらく文章術ドリル 作文教材】の気になる料金は?

文章力が高まれば、書くことが楽しくなり、大きな自信につながるります。
更に自分だけでなく、お子様の勉強への不安も解消され、塾など金銭的にも大いに助かります。

教材費

【らくらく文章術ドリル 作文教材】の
気になる料金は、19800円+税金=21,780円

・最大24分割が可能(リボ払いではないので利子は付きません)です。
24分割払いなら、1日約30円で学べるリーズナブルな設定には脱帽です!

・1世帯1アカウントで共有できるので、ご家族、兄弟姉妹が何人いてもこの価格。
・進みたい方はどんどん上のステップに進めます。
・問題集付きの作文ノートの2冊無料でダウンロードできる。

\ 24分割払い、1日約30円で文章力を高める! /
↓↓↓
らくらく文章術ドリル 作文教材

社会人必須の文章力を最速で鍛える「文章力トレーニング講座」のまとめ

これからの時代に求められているのは、業績もさることながら、社員一人一人がストレスなく協力し合えるコミュニケーション能力や顧客の要望に瞬時にこたえることができる対応力など、すべての基本となるのが文章力にあると言えるでしょう。

あなたがもし、家族持ちでお子様がいらっしゃったら、更にチャンスだと考えてください。
学校で決して学ぶことができない文章力の学習を
あなたのお子様だけ先に、それも小さい時期に学ぶことができるのです。

小学生・中学生のうちに文章力が身に付けば、
授業での発表・テストの読解力・作文・読書感想文・入試・論文など
様々なシーンを文章力を持っているだけで乗りきることができるでしょう。

「らくらく文章術ドリル」はあなただけでなく、ご家族のだれでも何人でやっても同じ料金です。
家族ぐるみで文章上達に取り組む家庭教育としても最適です。

あなたや、あなたのお子さんが今後社会で生き残るための武器をこの機会にぜひ身に付けてください。

文章を学ぶのに遅いも早いもありません。
自分で「本気で学ぼう!」と思った時が一番身に付く時期ではないでしょうか。

\ 社会を生き抜くために家族みんなで文章力を高める! /
↓↓↓
らくらく文章術ドリル~ 作文教材 >>