イラストレーター 画像の埋め込み方法(入稿時必須!)
Sponsored Links

こんにちはデザイン会社を経営しています「図画工作」と言います。イラストレーターで画像を配置したはずなのに、写真データーが行方不明になってお困りになったことはありませんか?

このようなうっかりミスを防ぐには、配置したあとに画像の埋め込みをしておけば、ファイルの中に入ってしまうので、リンク切れの心配はなくなります。

イラストレーターファイルは写真データと同じフォルダーに入れて保存しておくのが基本になります。

今日は失敗しないためのイラストレーター講座、画像の配置・埋め込み方法を実践を交えて解説したいと思います。

イラストレーター入稿失敗の原因

イラレ 画像配置
上のファイルは入稿前の最終確認の時にメインではなく小さい画像ファイルが見つからない状態です。

印刷所やネット印刷の入稿時に多い失敗が「画像リンクが見つからない」です。

原因は「画像の添付漏れ」になります。このままチェックせずに入稿していたら、間違いなく入稿確認で引っかかり、作業がストップします。

結局再入稿することになり、1日納期が遅れてしまうことになります。こうならないためにもしっかりと画像の配置と埋め込みとの違いを理解しておきましょう。

イラストレーター 画像の配置

イラレ配置前
まだ、画像配置の前の段階です。

イラレ配置0
写真とイラストレーターファイルを同じフォルダーに入れてから、ファイルの配置をクリックして画像を選択します。こうすることでリンク切れを回避できます。後で同じファイルに入れてもOKです。

イラレ配置
今回は二つの画像を配置しました。大きさを変更してレイアウトします。

Sponsored Links

イラストレーター 画像の埋め込み

写真・画像の配置が終わったら、画像を埋め込みます。
イラレ埋め込み2
画像をクリックして選択して、ボックスの角にある「パネルオプション」を開いて、埋め込みをクリックで埋め込み完成です。

埋め込み完了
赤〇の中の四角と三角のマークが埋め込み完了の印になります。

イラストレーター 配置と埋込みの違い

画像を配置しただけでは、ファイルとリンクしていません。必ず保存するときに「配置した画像をふくむ」にチェックして保存します。

この場合、あくまでもリンクですので、入稿時には画像も一緒に送らなければいけません。

リンク切れを懸念するのでしたら、やはり画像の埋込みをしておくことです。ファイルが重くなりますが、間違いがありません。

埋込み後は画像は必要なくなります。注意したいのが、埋め込んだ後、元の画像の色や形の変更をした場合反映されませんので、くれぐれも最終の段階で埋込みを行ってください。

s-塩の道ポスター2015

完成したポスターになります。文字の大きさは画像の配置や大きさに合わせてレイアウトします。すべてのチェックが済んだあとで、アウトライン化しましょう。

Sponsored Links

おわりに

入稿前には必ず実寸の紙に印刷をします。モニターではわからないケアレスミスや色彩の不具合があるからです。

そしてすべてのチェック項目をクリアしたら、この画像埋め込みと文字のアウトライン化をしてください。

実際には見えていなくても一文字でもアウトラインがされていないと作業が中断します。

手っ取り早いのは全てを選択(Ctrl+A)(マックではコマンド+A)して文字のアウトライン、画像埋め込みをクリックしてください。

私も幾度となく失敗した画像ミスですが、簡単と侮らずに特に納期が短い場合でも用心して作業する癖をつけましょう。

Adobe Illustrator CC 2015使い方講座(3)第一章 画像の配置【アテイン株式会社】

関連記事
⇒ 「Photoshop」の使い方の基本中の基本!これであなたも脱初心者!

⇒ 「Photoshop」と「illustrator」の違い!初心者も納得!!

⇒ イラストレーター(Illustrator)グラデーションの種類と使い方

⇒ 実践!イラストレーター(Illustrator)の使い方:グラデーションメッシュのコツ

⇒ イラストレーターの使い方「ベジェ曲線を描くコツ」