噛み犬 しつけ
Sponsored Links

あなたの愛犬が最近、

・とにかく落ち着きがない
・触ると怒るので接し方がわからない

・人や動物、物音に反応して吠えだすと止まらなくなる
・服やベッドを噛んで離さない

・家族に対しても噛みつき、対処が分からない

など、可愛かった愛犬が手に負えなくなり、ひょっとして「犬なんて飼うんじゃなかった」と後悔していませんか?

もしあなたが愛犬の繰り返す問題行動、特に噛み犬のしつけにお悩みで困っているようでしたら噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法がおすすめです。

なぜなら、このまま愛犬の噛みつきを放置しておけば、
ますますエスカレートして、取り返しのつかない事態や、憎しみの対象と変わってしまう可能性があるからです。

現実に、毎年日本でおきる「犬のかみつき事故」はなんと年間4000件。

興奮した犬は人や物に噛みついてしまうことがあり、他人にケガを負わせたり物を壊すなどのトラブルの原因となりかねないのです。

そして、その責任は当然飼い主が負うことになります。

噛み犬

中には裁判にまで発展し、1千万円以上を支払った例もあるほどです。(噛むに至っていないのに)

明るく、楽しい愛犬との生活を送るはずが一転、何かの拍子で「噛み癖」を覚えたワンちゃんは次第に恐怖や悩みが芽生えてきます。

噛む行為がエスカレートすると、「なでる事」、最悪の場合、「近づくこと」すらできなくなってしまうので、早い段階での対処が必要となってきます。

なぜ噛むようになったのか?

おすすめのしつけ法の前に、ワンちゃんが何故噛むのかを考えてみましょう。

犬は元々は野生の動物であり、獲物を仕留めてその肉を食べやすいように、犬歯が発達しています。

噛まれ方によっては血が流れることもあり、飼い主の負担が大きくなります。
また物に噛みついて、家具や壁などボロボロになる場合もあります。

犬が飼い主や物に噛みつくのは、犬自身がそうする必要があると判断しているから。

つまり、あなたの生活の習慣が知らず知らずのうちに、

今のワンちゃんに育てて行ったからです。

あなたが普通だと思っている日々の中にワンちゃんにとって問題があるのです。

だから、わからないのです。気づかないのです。

ワンちゃんのことをもっと知れば、必ず方法が見つかります。

あきらめずに愛犬との関係を正しく築いていくことで噛むことを止め、また安心して抱っこしたり、散歩できる日がやってきます!

 

噛み犬専門のトレーナー

飼い主への攻撃(噛む)行動を防ぐには、犬を溺愛し、何でも容認するのではなく、犬をコントロールできる主導権を握ることが重要です。

愛犬の噛みつきトラブルを解消したいあなたに、山本卓(たかし)トレーナーの噛み犬のしつけ方と専門のドッグトレーナーのしつけ法をおすすめします。

数ある犬のしつけ法の中から特に噛む犬を専門としているスペシャリストのトレーナーです。

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓
■噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法■

「噛む犬専門のドッグトレーナーによるしつけ法」実践レビュー

噛む犬のしつけ方と専門のドッグトレーナーの教材を探していたところ、

山本氏のしつけ法に出会いました。

ドッグトレーナーに犬のしつけをお願いしようとしても、「噛む犬はお断りします。」と断られる場合があります。

実際に山本卓(たかし)トレーナーの元に訪ねて来くるほとんどの方が、「噛む」「吠える」の問題行動だそうです。

一人でも多くの飼い主に正しいしつけ法を理解してもらうためにDVDが作成されました。

 

映像でわかりやすく解説されていたので、私のような初心者でも内容は理解できましたが、ずっと噛む癖があったため、最初のころはなかなか上手くいかなかったです。

あきらめそうになったときもあったのですが、何度もDVDを見て実践を重ねた結果、ある日ようやく噛まなくなりました。

「噛み癖」だけでなく、「吠える」「うなる」など他の問題行動の改善方法はもちろん、「引っ張り癖」「トイレのしつけ」「ボディケアの方法」や“待て”や“来い”などの「コマンドの教え方」までDVDに収録されています。

今は愛犬は特に問題行動を起こさず、家族以外の人とすれ違っても噛むことはありません。

平和な生活ができるようになり、とても嬉しく教材・山本卓さんに感謝しています。

私と同じような境遇にいる人に、是非ともこの教材をおすすめします。

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓
■噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法■

DVDの内容

DISK1
1.子犬のしつけ

⇒ハウスから初めてのお散歩まで、子犬のしつけを網羅

2.成犬のしつけ
⇒「つけ」や「ふせ」まどコマンドを教えて愛犬と楽しくコミュニケーション
「トイレ」や「歯磨き」など、体のケアを覚えて愛犬の体を清潔に

3.シニア犬のしつけ
⇒今からでも遅くない!愛犬の状態に合わせたしつけ法を伝授

4.特別編:ハンディキャップ犬のしつけ
全盲になってしまったじんべい君のしつけ法

DISK2*問題行動をしてしまう犬のしつけ*
1.あま噛み
⇒ついつい飼い主にあま噛みをしてしまうワンちゃん[秋田犬]

2.無駄吠え
⇒警戒心から無駄吠えが収まらないワンちゃん[プードル]

3.噛みつき
⇒人の手が怖く、噛みついてしまうワンちゃん[柴犬]

4.拾い食い
⇒何でも口に入れてしまうワンちゃん[オーストラリアンシェパード]

5.引っ張り
⇒散歩中に飼い主を引っ張ってしまうワンちゃん[ゴールデンレトリバー]

山本卓(たかし)トレーナーの略歴

2000年、ハンガリーのIPOワールドチャンピオンシップで優勝、ケンネル協会より金冠賞を受賞したホルナイ・ラスロー夫妻の弟子となる。
IPOの技術を習得。その後地方大会で優勝。雑誌「愛犬の友」にハンガリー訓練日記を連載する。
2001年、帰国後関西にて犬の出張同伴トレーニングを開始。
2005年、NPO法人日本愛犬家協会の理事に就任。
2006年、犬の殺処分を減らすため正しいしつけの知識とマナー向上を呼び掛ける会「犬一揆」を開催。北信越地方、関東地方への出張を開始。2009年動物介護療法を開始。
山本卓

噛み犬のしつけ方のまとめ

以上、「噛み犬専門のカリスマトレーナーのしつけ法」のレビューとおすすめの理由をお伝えしました。

世の中に正しい犬のしつけ方が広まり、犬との関係を正しく築いていければ、間違いなく毎年日本でおきる年間4000件の「犬のかみつき事故」や「犬の殺処分」は減少するでしょう。

噛みつきによるトラブルやストレスから解放されれば、飼い主も犬と過ごす時間が楽しくなるでしょう。

あきらめずに愛犬との関係を正しく築いていくことで、問題行動がなくなり、また安心して抱っこしたり、散歩できる日がやってきます。

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓
■噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法■

Sponsored Links