成績が上がらない本当の理由

あと、数か月で中学受験。
子供の将来を考えると、何としてでもいい中学・高校に行かせたいと思うのが親心。

でも、肝心のお子さんはゲームとyoutubeやTikTokをいつまでも見続け、いつ勉強をするのやら…。

親の気持ち子知らず、先が思いやられますが、このまま見過ごすわけにはいきません。

なんとかこの時期に成績を上げる方法として、「塾」という選択肢もありますが、肝心の本人のやる気が無ければ、時間と費用の無駄になってしまいますね。

そもそも成績が上がらない原因は何でしょうか?

・親からの遺伝、それとも本人の努力不足。
・親が忙しくて読み聞かせをしなかったせい?
・高学年に上がるごとに難しくなる各教科
・英語教育の必修化 
などなど、要素はいろいろあるかと思います。

この記事は、お子さんの中学受験を控えている親御さんに向けて、将来後悔をさせないために、今のうちに勉強の楽しさを見い出し、効率よくやる気を出させる方法を提案してまいります。

塾に行かずに成績を上げる方法

ここで提案ですが、塾に行かずに成績を上げる方法は、そんなに難しいことではありません。

「勉強をするのが楽しくなればいい」のです。
やる気スイッチをONにしてやるだけ。

勉強を楽しくするコツは「先生に褒められる」のが一番効力があります。

大人のあなたでも、人に褒められると俄然やる気ができてくるように、純粋無垢の子供は、ちょっとしたきっかけでやる気スイッチが入ります。

なんでもいいから「一つのこと」を続けて頑張ると、先生はその努力を認めてくれます。

そこで、その「一つのことを続けること」の提案ですが、「文章力を磨くトレーニング」になります。

「文章力」は持って生まれたセンスや才能ではありません。
(もちらん、芥川賞などの文筆の才能は別ですが…。)

「文章力」はテクニック、誰でも身に付けることができるコツを知っているか、いないかです。

なので、一旦文章の読み書きのコツを身に付ければ、
当然、たくさんの本が読みたくなったり、知識欲がわいてきます。

そして、一旦読んだり、書いたりがスラスラできるようになると、今まで難しかった問題の意図が理解できるようになります。

国語をはじめ算数、社会、理科など問題の意味がすぐに理解できていない上に、上手くまとめる力が足りなかっただけです。

なので、中学受験のために今やることは、基本の読み書き「文章力を磨くトレーニング」を先に行うべきです。

人の話や長文を理解する力がつくと同時に、ハキハキと自分の意見を言えるようになり、部活でもクラスでも人気者・リーダーになること間違いなしです。

自宅でこっそりプロの文章術を身に付ければ、塾の莫大な費用や送り迎えの時間もいりません。

あなたの人生でお子さんと触れ合えるのはほんのわずかの時期だけです。

特に中学生から高校にかけて忙しすぎて次第に会話もなくなります。

塾に行かない分、家族みんなと食事も取ったり、学校のことを話したり家族だんらんが味わえます。

一番簡単に「子供のやる気を上げる方法」をぜひこの機会に手に入れてください!

今すぐに見たい方はこちらからどうぞ
\ 文章力を高めて他の教科も得意にする! /
↓↓↓
らくらく文章術ドリル 作文教材  >>
24分割なら1日たったの30円

「文章力を磨くトレーニング」の鍵はプロに教わるに限ります!
↓↓↓
文章力がない小学生の悩みを克服!成績がメキメキ上がる【文章トレーニング講座】とは?