ステップメールの学習教材ステップメールの教科書

この記事は
ステップメールの教材を実践したけれど、なかなか成約率が上がらない方
成約率の高いステップメールのテンプレートを手に入れたい方に向けて

今までのステップメールの概念を覆し、押し売りせずに1通からスマートに売ることができる「ステップメールの教科書」を私の実践を交えて徹底レビューしてまいります。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
セールスのロジックが詰め込まれたステップメール
☑ステップメールの教科書

ステップメールの教科書の実践報告

 ステップメールの教科書

「ステップメールの教科書」のマニュアルPDFを印刷してA4の冊子に綴じたものです。
(節約のためモノクロ印刷。汗)
特に重要な箇所には書き込みやマーカーをしてます。

「ステップメールの教科書」の内容と読んだ印象

『ステップメールの教科書』は6章で構成されています。

ステップメールの教科書の内容
  • 1章 セールスの構造 59p
  • 2章 ステップメールの構造 44p
  • 3章 記事の書き方 37p
  • 4章 ステップメールテンプレート117p
  • 5章 リスト取りページ 24p
  • 6章 メルマガ配信システム 15p
    その他の特典

総ページ数296ページという相当量のボリュームなのに、ワクワクして読める文章構成力にまず脱帽です。

マニュアルの構成自体がセールスの教科書になっており、行間・スペースのとり方、強調・繰り返しなど、徹底した読みやすさと理解させる工夫が随所に施され、ストレスなく頭に入ってきます。

作者の上野さんの性格がにじみ出る独特の言い回しには、何故か親近感を感じました。

この初めてなのに既知に感じさせる「親近感」と「セールスの絶対的自信」
が売り込まないステップメールと関係があるの
ではないかと推測します。

そして第4章の「ステップメールのテンプレート例文」は文章の書き方が苦手な人でも、どこで何をどの順番で書けばいいのかが、セールスのロジックに基づいて構成されているので、自分の売りたい商材の内容に置き換えるだけでいいのです。

セールスはプロから直接学ばなければ身につかない

上野さんの『ステップメールの教科書』は最強の武器なのですが、それでも慣れるまで・完全にマスターするまでは、いろいろ分からない事が出てきます。

実践する上で分からない事が出てくる
  • 何通がBESTなのか?
  • 文章の長さはどれくらいがいいのか?
  • ターゲットが明確に見えているのか?
  • 感情を言葉で表現できているか?
  • 追撃は何通書けばいいのか?(追撃とは購入を考えている人に送るプッシュのこと )

など、疑問が出てくるということは、結果書く手が止まってしまいます。

最高の教科書なのにどうして独学ですんなり習得できないんでしょうか?

その答えは、
ステップメールはセールスのあの手、この手の最新の注意と心理学や脳科学など総動員して作られているので、プロから直接学ばなければ独学では膨大な時間がかかるのです。

この矛盾を一気に解消してくれるのがチャットによるプロの添削」です。


(こんな赤ペン添削ではありませんが…)

教科書でわからないことがあれば、上野氏による添削が半年間ついているので、チャットで回数無制限に質問・添削ができ、完璧なセースル文が書けるようになるまで導いてくれます

チャット未経験の私は、最初こそ戸惑いましたが、慣れれば簡単に参加できるようになりました。

野さんにステップメールを添削依頼をすると、「なぜここでこの言葉が出てくるのか?」「この表現だけでは意味が伝わらないと思います。」などなど、チャットで的確な指摘がビシバシ帰ってきました。

それも瞬殺で。(この人いつ休んでいるんだろうと思うぐらい・・・。)

僕が何度も書き直してこれならいけるだろうと満を持して提出した文章がですよ。
悔しいのですが、それがプロとの決定的な違いなんですね。

要なので繰り返しますが、

プロから直接学ぶのが早道

ステップメールは独学でも作れますが、プロから直接学ばなければ習得にかなりの時間がかかるのです。

添削&質問を繰り返して初めて、分かってるつもりで分かっていないことに気が付くようになり、セールスの構造やステップメールの構造が身に着き、自分で改善点やアイデアを思いつけるようになるのです。

今まで1000人のメールを指導してきた野さんの添削は回数無限で、ある意味高額なコンサルと同じ、いやそれ以上のレベルと言えるでしょう。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
ステップメールの教科書

ステ教チャットグループでモチベーションを高める

添削の内容は逐一「ステ教チャットグループ」を通じて見ることができ、メンバーの学びを共有できる点もこの教材特有の魅力になります。

ただし、あまり多くを見すぎても気後れしたり、自分の書く時間が無くなりますので、考え方が近くて参考になるメンバーの添削のやり取りだけを覗いてみるといいでしょう。

同じような悩みが解消され、ライバルの存在で、自分でも書いてみようとモチベーションが高まってきます。

頼りになる先輩:小川さんの実践記

更に、本編それぞれの章の最後には販売者の小川さんの実践記が添えられています。

上野さんの片腕の小川さん自身、様々なメルマガ教材を購入したり、二束三文にもならない高額塾にも入った苦い経験があったと告っています。

小川さんは上野さんの前作『悪ステ』で添削指導を受けたことが大きな転換点だったと後述しています。

小川さんの実践記には教材の実感と応用例が綴られていて、ステップメールを身に着けていく過程、実践した人にしかわからない発見やリアルビジネスにもつながるアイディアなど、めちゃくちゃ参考になりました。

「ステップメールの教科書」を理解して身に付けると

発売から間もない『ステップメールの教科書』ですが、実践して「1通目で売れた」「一人で月に70本近く売り上げた」「成約率20%超えた」など、続々と成果がグループチャットで報告されています。

前作の悪魔のステップメールからの常連さんは

前作の悪ステ実践者の声
  • 「2通のメールで300万円のサービスを3件成約した」
  • 「お試し有料セッションの申し込み率が30%、成約率が4割を超えた」
  • 「自動化で毎月50万円以上の売り上げがある」

など、更にセールスの精度を高めた成果が報告されています。

もしも、人の成果が気になり焦りが出てきて手が止まるようでしたら、これらの報告やチャットでのやり取りは見ない方がいいかも知れません。

自分対上野さんとの一騎打ちで十分です。

実際、私も上野さんに何度も添削してもらったおかげで、今まで1個も売れなかった「情報商材」が、たった1記事のセールス文でまだわずかですが、ポツリ・ポツリと売れる手応えを実感しています。

一月に数件売れれば、まぐれではありません。確実に実力がついてきた証拠・実績になります。
売れ始めると、毎日決済ページを見るのが楽しくて仕方なくモチベーションがあがります。

今まで記事を書くのに手が止まっていたり、時間がかかっていたのが、同じ要領で書いていくことで、スラスラと楽しく書けるようになってきました。

まだまだバンバン売れる程ではないので、精度を高めていくためには、もうしばらく上野さんの添削の力を借りるしかありません。

たった数週間の苦労(セールスの勉強)が、その後ずっと収入を生み続けてくれるスキルが他にあるでしょうか?

一度ステップメールを身に付けてしまえば、

  • 内容に自信がないとか
  • セールスかけても売れない
  • ステップメールにチャレンジしようと思っているけど、いざ書き出すと手が止まってしまう

といった不安や悩みから解放され、「一通目で売れて 翌日も売れて、、」と毎日売れる喜びとステップメールの本領を感じることができるのです。

ステップメールが初めてでも、今まで成果が出てない方でも、

ステップメールを一度身に付ければ
  • 高い成約率が出せるステップメールを書けるようになる
  • 初心者でも即ステップメールが書きだせる
  • ターゲットの絞り方、ノウハウ提供の仕方、価値観の伝え方、集客の仕方など、マーケティング知識が身につくのでどんなジャンルにでも応用できるスキルが身につく
  • いつの時代でも廃れることなく自動化で稼げるステップメール・ブログを構築できる

ようなことが夢ではなく、現実になるのです。

大事なので一つだけ条件を繰り返すと
「教科書を最後まで読んで、実践し、上野さんの添削をみっちりと受け続けること」

ほとんどの方が添削をないがしろにして、自分本位に書いてしまいます。

そして、成果がでないのを教材のせいにしてしまうのです。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
ステップメールの教科書

「ステップメールの教科書」の特典

「ステップメールの教科書」には「売れるテンプレート付きのマニュアル」「チャットによる添削」のほかに次の6つの特典が付与されています。

この特典だけでも数万円の価値があります。

(特典1):
kindleで印税収入と濃いメルマガ読者1日5人を同時に獲得する方法
(特典2):再現性99%!0円でFacebookからザクザク顧客リストを獲得する方法

(特典3):少ないリストでも確実に成約まで持ち込むLINEやり取りの極意
(特典4):twitter初心者がわずか2ヶ月でフォロワー1000人を達成する方法

(特典5):ステップメール添削6ヶ月間 回数無制限(前述しました)
(特典6):購入者限定VIPアフィリエイト権利

そして最後の特典6は「ステップメールの教科書」のアフィリエイトができる権利です。

なんとその報酬は50%、たったの2本売れば元が取れちゃいます。

「ステップメールの教科書」実践&徹底レビューのまとめ

私は今まで「ステップメールはある程度ライティングのスキルができてから始めるもの」とばかり思い込み、7年という期間をブログアフィリエイトに費やしてしまいました。

もう少し早い時期にステップメールの価値に気づいていれば、7年も売れない時期を送らずにと後悔しています。

この記事を読んでいるあなたには、私みたいな遠回りをしてほしくないのです。

セールスの仕組みさへ分かれば、
今まで何百記事書いても成果が出なかったり、
何通もステップメール打っても成約率が低くかった人も、

無限に広がるセールスの展開
  • 情報商材や趣味の教材を半自動で永遠に売り続けることができる
  • アフィリエイターからステップアップして、自分のサービスを売ることもできる

などなど、ステップメールにとどまらず、様々なビジネスへの応用が無限に広がるセールスの展開が待っています。

他の勉強は一切いりません。いや、今までのノウハウは一切混ぜないでください。

『ステップメールの教科書』にだけ一点集中して実践すれば、必ず成果が出ます!

セールスのロジックを一旦身に付けると、すべてのビジネスに応用できるので、メールのみに固執することなくブログ・ライディングページ(LP)・SNS・DMなどあらゆる媒体を利用してセールスを展開していくことができます。

あなたも売れるステップメールがスラスラと書けるようになりたいのであれば、ブログアフィリエイトで成果がでなかった私でも、たったの1つのメールで売ることができる上野さんの「ステップメールの教科書」をぜひ手に入れてください。

添削&売れるテンプレート例文がついている
ステップメールの教科書
公式サイトはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
ステップメールの教科書

追伸

想像してみてください。

もしステップメールで成約率が2%から10%に上がったらどうなるかを。

集客力が現状のままだとしても、売上が5倍に増えるので、

成約率が2%から10%に上がったら

売上が 月1万円 だったら → 月5万円 に増える。
売上が 月5万円 だったら → 月25万円 に増える。
売上が 月8万円 だったら → 月40万円 に増える。

しかも、一度ステップメールを書いたら翌月も、翌々月も、その次の月もずっと高い成約率で稼ぎ続けてくれるのです。
ですから、時間が経てば経つほどその威力が増していきます。

まるで自動販売機

毎月8万円 → 40万円
に増えると
年間96万円 → 480万円

となります。

このように正しい順序でメールを送り、正しいタイミングでセールスするスキルを身につければ、ビジネスのステージを別次元に上げることができるのです。

あなたがネットビジネスで成果を出すために、
この「ステップメールの教科書」をぜひ効果的にお使いください。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
上野産の添削&売れるテンプレート例文がついている
☑ステップメールの教科書

※1通目から売るステップメールが出来上がったら、
このステップメール配信システムがおすすめです。


使いたい放題、無制限のステップメール「アスメル」