上西竜二先生
Sponsored Links

今すぐ詳細を知りたい方はこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
【水彩画3弾セットn】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット

水彩画のコツを学べる初心者におすすめの講座

絵画教室、カルチャーセンターや公民館講座などが近所にある方はいいでしょうが、そんな数多くありませんよね。

しかも通常、絵画教室のレッスン料は年に10数万前後となり、結構金銭的負担が大きいことを知っていますか?

まして、通うまでの交通費、モチーフ代、合同展覧会の費用など、通い始めた後も気づかない経費が結構掛かるものです。

せっかく通いだした絵画教室、でも先生の気性や相性など、大きな障壁となる場合があるのも事実です。

今回、そんな経済的・地理的負担の壁を一気にクリアーできる方法をご紹介します。

水彩画が上手く描けない

「学校で図画工作や美術の評価が良くなかった」

「下絵までは上手くいくのに、彩色でいつも失敗してしまう」

「思い通りの色が作れない」

など水彩画に関する悩みをお持ちの方、

あるいは絵を見るだけではなくて、

絵に対する願望

「久しぶりに絵筆をとって描いてみたい!」

「目の前の素敵な景色が上手く表現できたらな」

「頭に思い描いていることが形にしてみたい」

など、「水彩画の教本や教材」をお探しでしたら

DVDで最もわかりやすく習得する「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」をおすすめします。

「DVDで描き方がまるわかり」とタイトルにも挙げましたが、「上西先生のお手本を真似するだけで、短期間で美しい水彩画が描けちゃう」というちょっとズルい講座です。

絵画教室では通う時間と費用、課題提出、講師との相性など、続けるに当たっていくつかの障壁が出てきますが、この教材はDVDなので、納得のいくまで・身に付くまで何度でも見ることができます。

講師の上西竜二先生はご自身でも絵画サークルや教室を主催、多くの生徒さんから信頼を得ている超売れっ子の若手画家(しかもイケメン)になります。

上西竜二先生

簡単に経歴をまとめますと

上西先生の経歴と人柄
  • 多数の受賞歴を持ち、美術界からも高い評価を得ている。
  • 毎年、自身の作品を発表する個展を開催。
  • 絵画教室の講師としても活躍中。「絵を描くことが楽しくなる」と生徒に好評。
    自身の教室では、生徒の作品展を開くなど指導にも熱心に取り組んでいる。
  • 作品からは想像できない、明るく面白い人柄と、分かりやすい説明で大人気。

では、上西先生の水彩画講座を見るとどのように描き方・考え方が変わってくるのでしょうか?

実践者の声をまとめてみました

絵筆を持つのは57年ぶりの72歳のおばあちゃんは
強度の近眼ため学生時代絵はまったくダメでしたが、DVDを見てすぐに夢中になって塗り絵を2枚仕上げた。楽しくて仕方がない。

49歳女性は
下絵が苦手な私には、色塗りから始めるというところが新鮮で良かった。
愛犬のトイプードルに挑戦。随分難しいモチーフを選んだが、それなりに楽しく集中して描けた。 優しい色使いの水彩画、私のかけがえのない趣味にしていきたい。

73歳男性は
定年後に好きな絵を始めた。
「複雑な物を前にして、どこから描けばいいのか?」
と筆が止まっていたが、この講座で学んだ手順通りにやってみると、楽に絵が描けるようになった。以前にも増して絵を描くのが楽しくなった。

63歳男性は
暗い所に補色を使う方法は知らなかった。同系色の暗い色で対応していたので、色の幅が広がった。

30歳女性は
絵を描くときは「上手く描かなくては」と力んでしまい 長続きしないのですが、
先生のお言葉に、ふっと力みがとれ、だいぶ氣持ちが楽になった。
「あ”ー!もう!」の繰り返しが、実は楽しく絵を描けるようになるための大きな一歩!なのですね。イライラしてしまうのは、こう描きたいという理想をちゃんと持っているからだと……
失敗さえも、おおらかな氣持ちで乗り越えていけそうです。

などなど、実践者の言葉の端々には上西先生の優しくてウィットに富んだ楽しいレッスン情景が目に浮かぶようです。

そして、実践者の皆さんに共通して言えるのは、作品を完成させた達成感と熱心に実践されている意欲と先生への感謝の気持ちが伝わってきます。

ただし、この水彩画教材は見ただけでは身に付きません。

DVD教材を見ながら、実際に真似して描いていくことで初めて水彩画のコツが身に付いてきます。

実践者のみなさんのように、今まで何年も絵を描いていない方でも、水彩画を描いたことがない方でも、歳に関係なく、まねをするだけで、水彩画のイロハを理解することができるって凄いと思いませんか?

水彩画こんなことがしたい
  • 「美しい風景や人物・ペットを水彩で再現したい」
  • 「もっと自由に好きな絵やイラストを描きたい」
  • 「忙しい毎日だが、水彩画を趣味にして、心が落ち着く一時を持ちたい」
  • 「余計なことを考えずに、水彩画を描くことだけに集中したい」

などなど、他にもたくさんあるでしょうが、水彩画を始めたり、続けることで、
ワンランクアップを目指す新たな自分に出会えるでしょう!

そしてその向上心は、自信へとつながり、日常生活に張りが生まれ、仕事にも多大な効果が期待できるに違いありません!

「絵に自信がない初心者でも」ステキな水彩画が描ける“コツ”をマスターするには次の『3つのステップ』を押さえるだけでOKです。

あなたのすることは、たったの3ステップ

上達の3つのステップ

ステップ1:最初から最後まで、プロが絵を描く過程をDVDでまるごと見て学ぶ

ステップ2:プロの色の作り方、絵を描く手順、筆の動かし方など、そのまま真似をする

ステップ3:まずは真似で良いので、自分で「上手な絵」を完成させてみる

いかがでしょうか、

忙しい方も飽きっぽい方も、無理なくあなたの好きなペースで、
さらに短期間で水彩画を上達できます。

以下のような水彩画の悩みが一気に解決したら、どんなに描くことが楽しくなるでしょうか?

水彩画こんな悩みがなくなれば
  • ものの形が上手く表現できない
  • 陰影が上手く出せない
  • パース(透視図)が狂ってしまう
  • 彩色でいつも汚くなってしまう
  • 広い面がムラになってしまう
  • 筆の跡がはっきりと残る
  • 塗り進めていくと紙がゴワゴワ波打ってそこに絵の具が溜まる
  • 水彩画の透明感が出ない

などなど、今まで描きたくても上手くいかなかった水彩画の疑問や悩みが一気に解消し、上西先生の描き方を真似するうちに、正しいやり方が身に付き、自分でいろんなものが描けるようになります。

以前のように「もっと上手に水彩画が描けたらな・・・」と 憧れるだけの日々は終わりです。

あなたにもカンタンに、誰もが「すごい!」と言われるような ステキな水彩画が描けるのです。

描き方をマネするだけで

「どこから描き始めればいいのか理解できた」

「陰影が上手く描ききれた」

「重量感や質感が出せるようになった」

「自分の思いどおりの絵が描けるようになった!」

という心の底からの絵を描く喜びを味わって欲しいと思います!

水彩画は意外と難しい画材なのですが、

一旦その描き方のコツを教わるだけで、初心者でも簡単に描くことができるようになるのです。

今まで何年もの間封印してきた「水彩画を思いきり描いたり」「目の前の素晴らしい風景や人物を忠実に描いたり」と今こそ絵を描く欲求を満たして、どんどん形として残して行って欲しいと思います。

そして、数がある程度溜まったら、個展を開き人前に是非披露してください。

今回の上西先生の水彩画講座を習得してしまえば、

描くコツが身に付き、

思い通りの表現に

「目の前の素敵な景色が思い通りに表現できるようになる」

「頭に思い描いていることを水彩画で描けるようになったり」

「公募展に出すために好きな絵をどんどん描けるようになったり」

「個展をするためにコツコツ作品を仕上げる」

などのように昔からくすぶっていた夢が夢でなくなり現実のものになるのです。

あなたにとって水彩画を描くことが、生活の張り合いになり生きる原動力となることを願っています!

講座内容を見てみたい方はこちらからどうぞ


【水彩画3弾セットn】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット

Sponsored Links